ネットのフリーライターは割に合わない

この前採用されたフリーライターの仕事は辞退したリョウです。

クラウドソーシングサイト(クラウドワークスやランサーズなど)に溢れ返っている記事作成案件。

今回は、それらの仕事の大半は割に合わなくて、世の中の役に立たないという話をしたいと思います。

フリーライターは基本的に報酬が少ない

在宅ワークの代名詞とも言える内職の報酬が、微々たるものだということはみなさんご存知ですよね。

中には高報酬のものもありますが(求人誌でカエルの飼育が月50万近いのを見たことありますw)。

クラウドソーシングサイトで募集している求人も、内職と同様、委託という雇用形態なので最低時給の制度は適用されません。

つまり募集主はいくらでも報酬を下げられるんですよね。
だから記事ひとつにつき100円とかクソ安い案件も存在するわけです。

中には高報酬も

フリーライターの報酬が安過ぎるとこき下ろしましたが、全部が全部そうではありません。

専門的な知識や経験を必要とする記事に対しては、3,000円~というそれなりの金額が支払われているのもまた事実です。

ネットのフリーライターをやろうと考える人のほとんどは、そこまでハイスペックではないでしょうから、まあ実質無いものと同然ではありますが。

それにしても格差が酷過ぎますよね。

安い記事は害悪でしかない

安い報酬で書かれた記事は、多くの場合害悪にしかなりません。

安いのでライターのモチベーションも低く、ネット上に無数に転がる情報の寄せ集めに過ぎず価値が生まれません。

時給換算して500円にも満たないような報酬出してる奴らは、ハッキリ言って死ねと思いますよ。
いくらなんでも足元見過ぎです。

記事の掲載先ウェブサイトで利益が上がっているのなら尚更です。

医師監修と謳っている医療関係のサイトですら低報酬なのが見え見えです。
ゴミ記事の掃き溜めなので、素人運営の個人サイトの方が内容が濃いといったケースは非常に多いです。

2ch(現5ch)創設者のひろゆきも低価格・低品質では多くの人が幸せにならないと話していました。

※納得!【ひろゆき】絶対にひろゆきが吉野家やマクドに行かない深い理由!

記事を書いた人もサイトの読者も幸せにならず、運営者だけが得をするというシステム。

無くてもいい、むしろ無い方が社会のためになる一刻も早く滅ぶべき存在。

そんな嫉妬心を抱きながら、一銭にもならない記事を今日もまた書いてしまいました。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です