ネットのフリーライターはクラウドソーシングを利用すれば必ず稼げる!

free-writer

どうも、リョウです。

今回は「ネットの記事書きで稼げるのか?」という疑問に対して、フリーライター経験のある僕の友人が答えてくれました。

タメになる情報が満載なので、フリーライターに少しでも興味のある人は見て損はないはずですよ。
ブログの記事を書く上でもプラスになりそうなので、僕もフリーライターとして一度応募してみようかな?と思案中です。


free-writer

おはようございます!

あ、今は夜ですね。
昼夜逆転人間の年齢性別不詳の無職でごわす。

早速、本題に入らせて頂きたいと思います。
【フリーライター】という職業を聞いたことはありますか?

フリーライターの定義というのは存在しません。
今ここで「私はフリーライターだ」と自称したら、フリーライターなのです。

フリーライターである限りは、自分から仕事をもらいに行かなければお金は稼げません。

そこで、実際のところフリーライターは稼げるのかどうかというお話をしてみたいと思います。

WEBライターになるには

今すぐにでも記事を書いて、ライターとしての仕事がしたいと思う方がいるかも知れません。
そんな気合のある人は、すぐにランサーズなどいった大手のクラウドソーシングサイトに会員登録しましょう。

クラウドソーシングというのは、クライアントとフリーランサーを媒介するサービスのことです。
便宜上ここでは、ランサーズの名前を使用しますね。

仕事を頼みたいクライアントと、仕事を受けたいランサーの間で、トラブルがないようランサーズは成功報酬を預かります。
仕事が達成された場合にはじめて、ランサーに対してお金が振り込まれるという形となっているので、詐欺の心配がありません。

クライアントがランサーズにお金を支払う(仮入金)→ランサーズが成功報酬を預かる→仕事が成功した時にランサーにお金が支払われる、という流れです。

間にランサーズがいるので、たとえクライアントと音信不通になっても、不払いの可能性がありません。

特別な知識は必要ない

ライターはクライアントが希望した内容に合わせて記事を書きます。

ただ文章を書いてテキストファイルで送れば良いのではなく、クライアンによって望むファイル形式は違います。
「エクセルで書いて欲しい」というクライアントもいれば「メモ帳でも構わない」という方もいます。

仕事内容の打ち合わせは、グループLINEやチャットワークなどで話すことが多いです。

知識は正直なところ必要ありません。
クライアントが丁寧に記事の書き方を教えくれる場合が多いので、初心者でも可能ですね。

free-writer

WEBライターの相場はいくらくらい?

相場は個人的な経験では、
400文字で100円~500円
1000文字 500円~1万円
10000文字 5000円~10万円
というところです。

400文字で100円という相場を見て、安く思えるかも知れませんが、記事の書き方のコツさえ覚えれば、数を多くこなすことができます。
400文字の記事を80個書けば、月に八千円の報酬が振り込まれます。

フリーライターが稼ぐ秘訣

「儲かるのかどうか?」と訊かれればそれは”運次第”です。

長期的に雇ってくれるクライアントを確保する事がウェブライターとして稼ぐ大事なポイントですね。

  1. クライアントを多く確保する
  2. 納期を素早くこなす

報酬の単価が高いクライアントに対して、過去に作成した記事を持ち込むなどして、自分を売り込む事も大切です。
クライアントから認められたら、更なる高収入な仕事をさせてもらえるかも知れません。

free-writer

本人の努力次第!

私は月に5万円から7万円ほどの報酬をWEBライターとして頂いておりましたが、5万で生活するのは無理がありますね。
個人差がありますので、月に1000円も稼げない人もいれば、月に50万円以上稼げる人もいますので、努力次第だと思いますね。

文章を書くのが得意だという思う方でも、ウェブライターにおける記事の書き方が特殊な場合もあるので、最初は苦戦する事があります。

私の感想では納期をしっかり守っていれば仕事を貰えなくなるようなことはないと思います。

ウェブライターをする上での注意点

仕事をする前に個人情報を聞かれる可能性があります。
契約書を自宅に郵送してくる会社もあれば、個人情報を不法に入手する業者もありますのでお気をつけ下さい。

最初はランサーズなどの、クライアントもフリーランサーも守られている大手サイトから始めたほう良いでしょうね。

また、仕事を積み重ねてランサーとしての評価が高まれば、クライアント側からスカウトされることもあります。

その時はクライアントの情報を見る事が大事です。
評価が低ければトラブルにつながる可能性がありますので、仕事を引き受けない方がいいでしょうね。

free-writer

WEBライターとして稼ぐにはまず始めてみることが大事

何より大切なのは文章力ですよね。
文章は書く事よりも修正して推敲する方が断然難しいのです。

ウェブライターは文章を殴り書きして、後から修正に時間を消費する人達がほとんどです。

今では文字数をカウントするソフトやサイトがあったり、日本語におかしい箇所があるのかを調べてくれるサイトがあります。
ハードルは高くないので一度挑戦してみることが大事だと思います!

ただし、一番大切なのはクライアントとの『信頼関係』です。
信頼関係を崩してしまった場合は、もう二度と仕事が回ってこない場合もあるシビアな世界です。

気軽に始められる反面、人によっては納期が嫌になって投げ出してしまう人も少なくはないです。
クライアントからとってみれば仕事なので、途中で投げ出した場合は当然ですが怒られます(笑)

結論としては、よっぽど文章を書くことが好きな人ではない限りは、これ1本で食べていくのは難しいのではないかと思います。

お小遣いとして月に3万円から5万円ぐらいほしいという方には良い仕事ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です