【サーバー証明書インストール】FUTOKAサーバーで独自ドメインを常時SSL化(https化)する方法その2


前回でSSLサーバー証明書は取得できましたが、それだけでは意味を持ちません。
証明書の効力を活かすには、サイトが存在するサーバー上に設置する必要があります。

ここでは、証明書をFUTOKAサーバーにインストールする方法を見ていきましょう!


まずはFUTOKAの「サーバーパネル」にログインします。

futoka サーバーパネル ログイン

 

左メニューの「アカウント」「cPanelログイン」をクリック。

futoka コントロールパネル ログイン

 

このようなページが表示されます。

futoka cpanel ssl manager

 

英語ですが、何とかなります(笑)

上から5段目、「Securuty」の中にある、「SSL/TLS Manager」をクリック。

futoka コントロールパネルssl

 

「Install and Manage SSL for your site (HTTPS)」Manage SSL sites.をクリック。

futoka cpanel ssl

 

ページを下にスクロールして、フォームに必要情報を入力します。

futoka cpanel ssl

Domain:プルダウンから証明書を発行したドメインを選択します。

Certificate: (CRT):サーバー証明書を入力。

Private Key: (KEY):秘密鍵を入力。

Certificate Authority Bundle: (CABUNDLE):中間証明書を入力。

項目全てに緑色のチェックマークが付いたら、「Install Certificate」をクリック。

SSL 完了

↑の画面が表示されれば完了です。
お疲れ様でした!

証明書インストール後の各種設定に進む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です