Google Analytics(アナリティクス)でアクセス状況を把握しよう

最初、アナリティクスをアナルスティックと読み間違えたリョウです。

自身が運営するサイトのアクセス解析に便利なのが、グーグルアナリティクスとグーグルサーチコンソールの2つです。

利用するには、自身の運営サイトを登録する必要があります。

アナリティクスでは主に、ユーザーのアクセス状況を知ることが可能です。

具体的には、

「セッション数」
「ユーザー数」
「ページビュー数」
「ページ/セッション」
「平均セッション時間」
「直帰率」
「新規セッション率 」
「アクセスの流入元」

などの情報が見られます。

今回は、アナリティクスの登録方法と、サーチコンソールとの連携方法を説明したいと思います。

サーチコンソールの登録方法はこちらです(URL)

Google Analytics(アナリティクス)の登録方法

アナリティクスはグーグルアカウントにログインした状態で使えます。
(グーグルアカウントを持っていない人はこちらを参考にどうぞ)

まずは↓のURLにアクセスします。
https://www.google.com/analytics/web/?hl=ja

グーグルアカウントが作成済みであれば、アカウントの選択画面に候補が表示されています。

任意のアカウントを選択してパスワードを入力。次へ。

グーグルアナリティクスのホーム画面が表示されると思います。

サイトを追加するには、画面左下の「管理」ボタンをクリック。

真ん中のプロパティのプルダウンメニューを押し、新しいプロパティを作成を選択。

「ウェブサイトの名前」
「ウェブサイトのURL」
「業種」
「レポートのタイムゾーン」

を入力し、「トラッキングIDを取得」をクリック。

取得したトラッキングIDをサイト管理画面(アクセス解析の項目など)で設定します。

以上の手順で、グーグルアナリティクスでサイトのアクセス解析が可能になります。

アナリティクスとサーチコンソールの連携方法

アナリティクスは同じグーグルのサービスであるサーチコンソールと連携が可能です。
連携するとアナリティクスにサーチコンソールのデータが反映されるようになるので、作業効率をグッと高めることができます。

サーチコンソールが未登録の場合はこちらを参考に登録してください。

それではlアナリティクスとサーチコンソールの2つを関連付ける方法を見ていきましょう。

まずはアナリティクスホーム画面左下の「管理」ボタンをクリック。

真ん中のプロパティのプルダウンメニューから任意のサイトを選択して、プロパティ設定をクリック。

画面を下にスクロールして、「Search Console」-「Search Consoleを調整」をクリック。

「Search Consoleの設定」画面が表示されるので、編集をクリック。

サーチコンソール上にて、「Google アナリティクスで Search Console のデータを使用する」というページが開きます。

サーチコンソールに登録されているサイトが表示されるので、目的のサイトをチェックして「保存」をクリック。

アナリティクスの「Search Consoleの設定」画面に戻り、「保存」で完了です。

以上でサーチコンソールとアナリティクスの関連付けができました。

お疲れさまですm(_ _)m

サイトのアクセス状況を確認する上で、アナリティクスはコンソールと合わせて非常に役立ってくれます。

他にもアクセス解析サービスはあるのですが、この2つはグーグルアカウントで管理が楽なのでオススメですよ。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です