Google Search Console(サーチコンソール)で検索パフォーマンスをチェックしよう

サーチコンソールなのにアドレスはウェブマスターツールのままでややこしいなと思うリョウです。

サーチコンソール(旧ウェブマスターツール)はアナリティクスとともにアクセス解析に役立つサービスです。

自身の運営サイトを登録することで利用が可能です。

サーチコンソールには、主に以下のような機能があります。

  • グーグル検索におけるパフォーマンス(検索ワードごとの記事掲載順位、クリック数など)
  • サイトマップの送信(作成方法はこちら

今回は、サーチコンソールの登録方法を説明したいと思います。
(グーグルアカウントが必要なので、アカウントの無い方は作成段階から進めてください)

アナリティクスの登録方法と連携方法についてはこちらです。

グーグルアカウントの作成方法

グーグルアカウントを持っていない場合は、はじめに↓でグーグルアカウントの作成を行います。
https://accounts.google.com/SignUp?hl=ja

名前、メールアドレス、パスワード、生年月日、性別、携帯電話、国/地域を入力したら次のステップへをクリック。

続いて本人確認の為のコードを受け取ります。
携帯電話のメールまたは音声通話(自動音声)にてコードを受信する必要があります。

メールアドレスか電話番号を入力して次へ。

メールまたは音声で通知された確認コードを入力して次へ。

後は画面に従えばアカウントの作成は完了です。

お疲れさまでした。

Google Search Console(サーチコンソール)の登録方法

グーグルアカウントにログインした状態で↓のURLを開きます。
https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja

サーチコンソールのホーム画面が表示されていると思います。

画面右上の「プロパティを追加」をクリック。
x

ポップアップされた画面にウェブサイトのURLを入力し、「追加」をクリク。

すると「○○(サイトURL)の所有権を確認します。」と表示されます。
所有権の確認方法はいくつもあるのですが、自身でやりやすいものを選んでください。
search-console-html

コンソール上でも推奨されているように、オススメは「HTMLファイルをアップロード」ですね。
ファイルジラなどのFTPソフトを用いてサーバーにページを作成しましょう。

アップされたページが確認できたら登録完了です。

サーチコンソールはアナリティクスと連携すると便利です。
この2つはセットで登録しておくことをオススメします。

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です