失敗しても大丈夫!? 挑戦するなら早い方が良い

副業あるいは本業として、何か事業を始めようと考える人は多いと思います。

その時にネックになるのがリスクの高さです。

成功する可能性に対して、失敗する可能性も高いので、最悪のケースを考えて足踏みしてしまいます。

そんな人たちに向けて、ホリエモンこと堀江貴文氏が意見を述べていました。

youtubeの「超一流の思考回路」というチャンネルの動画でそのメッセージを聞くことができます。
(詳細は不明ですが、他に二人の方が同席しています)

・堀江貴文 不器用な日本人にホリエモンが喝!【超一流の思考回路】

全部見る時間がない人もいるでしょうから、内容をざっくりとまとめておきます(動画の最後でも簡単なまとめが入っています)。

もっと人に頼って良い

まず一つ目の重要なメッセージとして、「もっと人に頼っていい」と言っています。
具体的にどういうことか見てみましょう。

生活保護がある

事業に失敗して無一文になり、家も身寄りも失くした時に、生活保護という制度を使えばいいと提案しています。

ホームレスになるレベルの経済状況であれば、生活保護は受給可能なわけです。

ホームレスになってまで生活保護を拒む人も、生活保護受給者を叩く人も、みんなプライドが高いとのことです。
(世の中には無駄な誇りを持った人が多過ぎるようです)

高い車が欲しいとか、服飾類なども高級ブランド品を纏いたいといった贅沢を考えなければ、本当に救いが必要な人たちが助かる世の中になるかもしれないですよね。

出家の道

一昔前はガリガリだったタイのお坊さんが、今ではダイエットしなければならないほど太ってしまっているそうです。
(経済発展によってお布施の量が増えたのが原因みたいです)

お坊さんのように、人から物を貰い過ぎている人はいくらでも存在します。

そして、自分がそうしてはいけない道理はありません。
もっと人から恵んでもらってもいいと。

出家してお坊さんになるのも選択肢の一つです。

会社勤務しなくても経験は積める

独立するに際して、会社勤めをしてスキルやノウハウを身につける必要はないと語っています。

もちろん平行して進められればベストですが、どうしても時間は延びてしまうとのことですね。

会社にいるよりも、独立したいならまず独立すれば良いじゃんという考え方のようです。

たしかにデジタル社会の今、たいていの情報は簡単に手に入りますもんね。

個人で学んで何かを極めることも、十分可能な時代になっています。
(経歴という名の肩書きが欲しい人は会社経由した方が良いでしょうね)

動画でも話になってましたが、扶養しなければならない家族がいる場合は難しいと思います。

しかし、独身で守るべきものがないなら、やりたいようにやれば良いということでした。
生活保護で人としての生活は保証されているので。

ゆくゆくはベーシックインカムが導入されれば、後ろめたさも薄れますし、チャレンジする人は増えるのではないでしょうか?

僕個人の意見としては、何をするのも遅過ぎて後悔が絶えないので、そんな後になって始めるくらいなら今から始めた方が良いよと言いたいですけどね。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です