記事を早く書くための5つのステップ


1日1記事のノルマは楽にこなせるようになったリョウです。

ブログに限らず文章を書いていると、書きたいことはあるのに筆が進まないということがありますよね?

そういう時はたいてい、全体像が見えてなくて、何を書いたら良いのか分からなくなっているものです。

自由な形式で書くのも醍醐味の一つですが、文章を型に嵌めて書くようにすると、作成スピードが段違いに速くなります。

ここでは、フリーライターたちが利用していて僕もタメになった方法をご紹介したいと思います。

方法は簡単で、

タイトル

見出し

見出しの中身

導入と結論

という順序で構成していくだけです。

以下、それぞれを噛み砕いて見ていってみましょう。


1.伝えたいことを決める

まずは記事で伝えたいことを決定します。

例えばこの記事であれば、「記事を早く書く方法」をタイトルにしてしまいます。

2.見出しから書く

タイトルの後は、伝える内容のポイントを箇条書きします。

この記事であれば、

  • 伝えたいことを決める
  • 見出しから書く
  • 見出しの中身を埋めていく
  • 見出しの前と後(導入と結論)を埋める

の部分ですね。

各見出しがさらに細かく小見出しに分けられるのであれば、そちらも済ませておきましょう。

3.見出しの中身を埋めていく

いちばん重要な中身を書いていきます。

要は見出しの解説ですね。

補足するデータなどがあれば追加すると説得力が増します。

4.見出しの前と後(導入と結論)を埋める

見出しの前後、つまり導入部分と結論部分に文章を加えて全体を引き締めていきます。

導入部分では挨拶から始めて概要の説明などを行います。

結論部分では内容を振り返り、まとめを行います。

5.修正して完了

最後に細かい部分を修正したら完了です。

誤字脱字をチェックするには、ワードプレスなどの文章作成ソフトを使うか、文章校正サイトがあるので利用しましょう。

文章校正は以下のサイトが使えます。

日本語校正サポート
文章校正ツール

校正サイトであれば適切な言葉や言い回しを教えてくれるのでかなりオススメです!
ただしある程度自分らしさを残すのは大切だと思います


以上、記事を早く書き上げる方法でした。

タイトルと見出しさえできてしまえば、あとは内容を埋めていくだけなのでやることは少ないです。
(ただ、扱う内容によっては深く調べなければならないので、時間の掛かるケースもありますが……)

書く内容が分かっている場合には、この書き方は非常に役立つはずです!

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です