毎日更新することは大変じゃない

「毎日更新する方が大変」
と思っていた時期が私にもありました。

ブログを1日に5記事も10記事も書く人や、Youtubeで毎日動画をアップしているヒカキンさんをはじめとするユーチューバー……。
よく続けられるなと関心していたのですが、最近ではその理由が分かるようになってきました。

今日は毎日更新する方が楽になる時期がくるというお話をしようと思います。

苦痛を感じる理由

まず、人が苦痛を感じる時というのは、心や体に負荷が加わった時ですよね?
自分の好きなことをやってる時に、そのこと自体が苦しかったり辛かったりするなんてことは普通ありません。
好きなことやものというのは、自分が欲していたり望んでいたりするものです。
要するにメリットやプラスになることです。
で、そういったものは快感を伴うので、習慣化しやすいんです(不足すると不満を感じます)。
話は戻って、苦痛というのは脳に発生する危険信号です。
それを続けたら大変なことになると頭が警告を出しているわけです。
だから苦痛を感じるものは続かない、避けてしまうようになるんです。

習慣化すれば続く

結論を言ってしまえば、苦痛を感じるものでも習慣化すれば続けられるようになります。
どうやって習慣にするかですが、1つはメリットを見つけることです。
たとえば、「やってる最中は苦痛かもしれないけど、後で見返りがあることだから」という気持ちで実行する意義を見出します。
他には、やることリストを用いて、予定を決定づける方法が使えます。
人は、プログラムに組み込まれたことは実行するようにできています。
記述することで意思が固まります。
強引なやり方ですが、形から入ってしまえば良いんです。
じきに必要なものと認識され、既にある習慣と連結して、ひとつの習慣となっていきます。
さらには、自分の中の細胞が順応してくので、苦痛が緩和されて対象物自体が好きになるかもしれません。
「やらないと落ち着かない」「損している気がする」という状態になり、そうなったら勝ちです。
こうして、「毎日更新する方が楽」という時期に入っていきます。

ただしそうなった場合でも、しばらく止めていると元に戻ってしまうことも起こりえます。
止めても問題がなかった時はそうなりやすい傾向にありますね。
方法さえ知っていればまたすぐに習慣化できますけどね。

以上、苦痛でも続けていれば快感になるというお話でした。
「やらなければいけないのにやれない」ことがある人は、ぜひやることリストを試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です