『ふわっち』や『YouTube Live』で投げ銭乞食するとどのくらい稼げる?

airasamajosou

ネット配信界では今、投げ銭システムを利用して荒稼ぎする配信者が続出しています。

配信サイトは、「ニコニコ生放送」「Ustream」「Twitcasting(ツイキャス)」「FC2ライブ」等々、様々ありますが、投げ銭ができるサイトとなると限られてきます。

日本では「ふわっち」や「YouTube Live」、「SHOWROOM」などで実装されています。
中国だと「YY直播(ワイワイ・シーボー)」や「六間房 」なんかが有名どころみたいですね。

何で投げ銭について調べたのかと言うと、先日、ニコニコ生放送の「『雑談配信者』公式生放送」という番組で、投げ銭について触れていたからです。

司会がひろゆき(本名:西村博之。2ch創設者、ニコニコ動画の元取締役管理人等々)で、用意されたテーマについてニコ生配信者が討論する内容となっています。
ちなみにこの番組、僕も先月知ったばかりなのですが、過去の放送も遡って見てしまうくらい面白いです(と言うか笑えます)。

そんな番組の中で、ニコニコの配信者がこぞって「ふわっち」や「youtube」に移行しているとの話がありました。

今回は、まだまだ旬が続く投げ銭サイトについて見ていってみたいと思います。


投げ銭システムとは?

投げ銭とは元々、大道芸人(路上パフォーマー)が通りや街角で芸を披露した際に、観客が見物料投げるように渡していたというのが発端です。
その風潮が現在では、現金通貨ではなく配信サイト上のアイテムを介して行わるようになったということですね。
プレゼントのようにアイテムを贈ることから、ギフティングとも呼ばれることがあります。

「ふわっち」の投げ銭

ふわっち

「ふわっち」という名前は、英語の「Who watch」を平仮名で柔らかくしたものだそうです。

2015年からサービス開始の、比較的まだ新しい配信サイトです。
『動画・ラジオの生配信で稼ごう!』というキャッチフレーズからして、配信で稼ぎたい人の為に作られたサービスと言って過言ではありません。

ふわっちでは、アイテムを使って投げ銭が行われます。

視聴者が購入したアイテムを配信中に使用すると、配信者にポイントが加算されます。
ポイントは後ほど、現金やAmazonギフト券などに交換できるという仕組みです。

ポイント(=お金)の50%が運営側に徴収されるので、配信者の取り分は5割と少な目に設定されています。

ふわっち

多彩なアイテムとランキング制度

アイテムには、風船、ハンバーガー、ハート、パフェ、花火など各種取り揃えてあります。

よく話題に挙がる花火で1000円と高め、さらにその上には大花火なる物も存在するようです。
(期間限定アイテムもバリエーション豊かです)

アイテムを使用すると、「〇〇をプレゼントしました」というコメントと同時に、アイテムを表現するエフェクトが出るようになっています。

ふわっち花火

ぶっちゃけ、今日初めて実際の花火を見たのですが、案外ショボくて(´・ω・`)ショボーンとなりました。
見るまではどれだけ大層なものなのかと想像を膨らませていたのですが、幻想は儚く散りましたね。

また、ランキング制度が設けられていて、順位に応じてポイントが贈与されます。
”デイリーランキング”、”マンスリーランキング”、”注目ランキング”等々。

whowatchlisone

デイリー1位で3000ポイント。
マンスリー1位はなんと200000ポイントだそうです。
さらに、その日もっとも視聴者を集めた配信者には、”リスワン”という賞を与えられ、こちらは10000ポイントプレゼントのこと。

ランキングの詳しい算出方式は非公開ですが、視聴者数、コメント数、獲アイテム数で決定するようです。

 

アイテム使用を強要して警察沙汰になった人も

ふわっちで月収700万稼いだ「愛羅様」と呼ばれる配信者がいます。

airasama

見た目がV系でまるでホストの様相。
というか配信者には現役ホストも多いらしく、二次元ホストクラブなんて揶揄されていたりします。

この愛羅様という方ですが、現実のホストクラブを想起させるパフォーマンスを繰り広げ、視聴者もそれに釣られてアイテムを投げまくります。

怒号に近い声を上げ、半ば強制的にアイテムを使わせている印象を受けました。
これにはさすがに問題があったようで、何度か警察沙汰になったこともあるみたいです。

airasamajosou

動画をいくつか見ましたが、ハッキリ言って自分には、何でこの人がこんなに人気なのか分かりませんでした。
顔も(ノーメイクの状態では)良いようには見えませんでしたし。
女の化粧に騙される男がいるのと近いんでしょうか?
それにして顔が悪人面なので気付きそうなものですが(むしろそれが良いのだろうか)。

それはともかく、実店舗でホスト活動をするよりも、ネットの配信で大人数を一度に相手する方が、遥かに効率が良いんでしょうね。
お客さんからしても、時間の都合や地理の関係で、なかなかお店に足を運べない人にとってはちょうど良いのかも知れません。

「YouTube Live」の投げ銭

ご存知「YouTube」。
YouTube Liveでの投げ銭には、”Super Chat(スーパーチャット)”が用いられます。

スーパーチャットは、2017年の1月に導入されたばかりの新機能です。

youtube-super-chat

チャット欄から金額を指定して、配信者に送ることができるようになっています。
設定金額が200円以上であればメッセージを添えることも可能で、金額に応じて、”文字数”、”文字色”、”固定表示時間”が変化します。
(メッセージは画面に表示されます)

金額は100円~50,000円の範囲で選択可能です。

youtube-super-chat

スーパーチャットでは、配信者の取り分は7割となっています。

「SHOWROOM」の投げ銭

「SHOWROOM」は2013年サービス開始の配信サービスです。
『仮想ライブ空間』というキャッチコピーが示す通り、配信画面の背景がライブ会場のようだったり、視聴者がアバターとして表示されるのが特徴的です。

元々は芸能人のみが配信可能でしたが、2014年からは一般人にも対応したみたいです。

showroom-live

SHOWROOMでは、ふわっちのように配信者がアイテムを購入し、配信者にプレゼントするのが投げ銭の基本です。
ただし、配信者に入るのは1万円のアイテムでも数百円というのが事実のようです。

とあるインタビューで社長が、「ひと月に500万円以上の売り上げを上げる配信者もいる」と答えていましたが、どうも引っ掛かりますね。
あくまで売上で、配信者が手にしている金額は微々たるものなのではないかと推測します。

「SHOPROOM」というテレビショッピングのような機能も

アイテムプレゼントの他、違った仕掛けもあります。

「SHOPROOM」と呼ばれる、テレビショッピングを模範したシステムで、配信中に商品を紹介して、売り上げの一部が配信者に還元される仕組みだそうです。

還元率は分かりませんが、SHOWROOMにマネタイズ(収益化)を求めるのは難しいかも知れませんね。

「FC2 live」は投げ銭なのか?

fc2ライブは厳密には投げ銭ではなく、有料配信と言うのが正確です。

あらかじめポイントを買うことで有料配信が見られるシステムになっています。
(※通常配信は無料で見られますが、有料配信はお金を払わないと視聴すらできません)

fc2live

動画を見るのに必要なポイントは配信者に決定権があります。
たとえば60秒で100ポイントなど(1ポイント=1円)。

FC2ライブでは配信者の取り分は8割となっています。

主に配信者は女性で、お金を出して見てもらう為に、服を脱いだり卑猥なポーズを取ったりします。

マスクしてる人も多いですし、見に来る人はエロ目的なのでハードルは普通の雑談配信より下がりそうです。

自分がもし女だったらやってたかもしれません。
お金を稼ぐという目的にフォーカスするのであれば、エロを武器に稼げる女性が羨ましいですね。

素人が今から配信を始めて稼げるのか?

10年ほど前は、ネット配信でここまで稼げるというのは現実味がありませんでした。
一部のぶっ飛んだ人(永井先生とか)が、口座を晒してお金を振り込んでもらったりするような、「法律的に大丈夫なの?」というグレーな世界でした。
それが現在では配信サイト上でもシステムが構築され、立派な職業として認められつつあります。

代表的な『ふわっち』は配信で稼ぐことを前面に打ち出しています。
とは言っても、稼げてるのはある程度知名度がある配信者ばかりなのが現状みたいですね。

配信を眺めてみると、アイテムが大量に消費されてる人もいれば、ゼロという人もいます。

なかなか厳しい現実がそこにはありました。

たいていの場合は、長く続けている間に結び付いた、根強い固定ファンが支援してくれているわけです。
そのおかげで、この前逮捕された(釈放されました)関慎吾も、ふわっちで月数百万円と稼げているのです。

もちろん、何か人より秀でた特徴があればいきなり人気を獲得できる可能性はあります。

顔が良いとか、楽器が上手いとか、マジックができるとか、話が上手いとか。
顔出しせずに声のみのラジオ配信で稼いでる人も存在します。

顔出しのリスクは大きいですし、声真似や演奏といった特技があるわけでもないので、自分はやらないでしょうね。

それに、昔であれば頭のネジが飛んだ人が危険なことをすれば人が集まりましたが、今は視聴者の求めるレベルが上がって大抵のことでは興味を持たれなくなっています。
これからは真っ当な内容でやっていける人じゃないと生き残れないと思います。

その辺り自信のある方は挑戦してみてはいかがでしょうか??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です