大型トラック教習5回目

大型免許教習第5回です。
前回に引き続き、教官は初めての方でした(今までで一番若かったです)。
早速教習開始して、エンジン始動するのにキーを回した時に、警告音が鳴り響いてビビりましたw
どうやらハンドブレーキの引きが甘いと発生するみたいです。

今回もやはりブレーキとハザードの確認からでした。
問題ないので発進します。

教習中、「大型トラックは慣れてきたか」「免許取ったら大型乗る仕事するのか」「長距離かどうか」とかを訊かれました。
最後の質問以外は肯定的に応えましたが、けん引免許も取得予定だと伝えるのを忘れてしまいました(一番重要w)

内容

周回
隘路(あいろ)

・周回
毎度のように、時計回り反時計回りの周回をして慣らします。
前回、バイクに気をつけるよう注意を受けていたので、カーブごとに目視で隣車線を確認するクセが付いてしまいましたw
ほんと大型トラックは、手足以上に目と首が忙しいです。

隘路

右左折後に地面に引かれたラインの内側に車体を収める訓練です。

ラインの位置は、右左折の前は車線の外側、右左折の後は片側二車線の車線を跨ぐように2本と、その延長線上に水平に交わるラインがアスファルトに描かれています。

言葉での説明だと分かりづらいので見てもらった方が早いですねw

↑こんな感じです。

ルールとしては、
1.停車の際にラインの切れ目をバンパーが超えてはならない
2.右左折前に外側にあるラインを踏んではならない
3.進入途中で車を止めてはならない
4.停止場所の先に引かれた限界ラインをバンパーが超えてはならない
5.停止時に両サイドのラインを踏んでいてはならない
6.切り返しても良いがバック時に後輪がラインの切れ目を越えてはならない

このようにたくさんありますw

ちなみに切り返しの為に4回バックをした時点で失格だそうです(初回は3回とギリギリでしたw)。

具体的な順序としては、まずハザードを炊きながら(道幅に寄せる時はハザードの前にウィンカー)スタート地点に停止します。
次に安全確認ができたら、右左折をして車体をライン内に収めていきます。

初回は途中までは上手くできたように思えましたが、最後の方で車体がずれてしまい修正することに。

その際に「どう修正すれば良いか」を訊かれましたが、正解は一応答えることができました(軽く教本を予習してたのと、頭にイメージを描けたので何とか)。

と頭では分かってるんですが、実際にやってみると前後の移動制限があるので、何回かやりましたがなかなか上手くいきません。
この隘路というのは普通車でも苦手なので、よく勉強しておく必要がありそうです。

上手くいった部分

ミラーと目視による安全確認(もはや何度見か分からないほどに十分徹底できていると思いますw)

上手くいかなかった部分

車線ハミ出し

中型トラックが路端停止で左車線を使っていたので、右車線に避けたのですが、その際に反対車線にはみ出してしまいました。
それを指摘されて「減点になるのか」訊いたら、「失格」だそうで……今まで何回失格してるんだろう??

隘路で停車時のブレーキ忘れ

隘路停車後はブレーキを踏んでおかなければならないのですが、ギアをニュートラルにしてサイドブレーキを引いた後、ブレーキを離してしまいました(クセになってます)。
2回注意された後、3回目くらいで直りました。

隘路でラインの認識ができていない

隘路でラインの区別が付かなくなる場面がありました。
ラインの切れ目ではなく限界ラインに合わせて停車しようとしてしまいました。

あとはまだ動作にムラがありますね(カーブ時の後輪と縁石の間隔、進入速度)。

今回で基本的な項目は終わりとのことでした。
次回以降の構内教習残り3回では、今までの復習をするみたいです。
ただ、予約が空きがなくてあまり取れない状況なので、どうしたものかなという感じですね……。

そしてやっぱり今日も帰りの自分の車が(ryでしたw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です