大型トラック教習6回目

今日は大型免許教習第6回、5日ぶりでした。
また初めての教官の方でした(被らないように組まれてるのかな?)。
前回から日が浅いおかげか、大型トラックの操作自体はほとんど緊張せずにこなせるようになっていました。

内容

復習(路端停車、坂道発進、S字、隘路)
踏切
検定コース予習

上手くいった部分

路端

ポールに対して並行に停められました。

坂道発進

エンストすることなく発進できました。

踏切

普通車と変わらないので問題なくクリアできました。
ただ、踏切のある通路に入るために右折する際に、車線の右側に寄せるのですが、反対車線にタイヤが入らないようにしなければなりませんでした。

S字

一度も切り返し(バック)せずに通過できました。

今回は車体と道路の合わせ方を3つ教えて頂けました。

1つ目は、左カーブ時は車体前面バンパーの上にある足場の右側(黒い部分)が外側の縁石に沿うようにすること。
2つ目は、ハンドルを逆に切るタイミングです。外側の縁石が運転席の前面から外れたタイミングで、ハンドルを逆に1回転回して次のカーブに向かうようにとのこと。
3つ目は、右カーブ時は外側の縁石に車体前面の角が沿うようにすると良いとのことでした。

さらに、ミラーから見える後部座席のドアノブと後輪の位置が重なるという豆知識も。

S字カーブ時に、その部分が内側の縁石に沿うようにすると完璧だそうです。

上手くいかなかった部分

路端

停車位置が目印の少し手前でした(アスファルトに凹みがあるのでそこに合わせるように)
幅寄せが若干甘かったです(2回やったけど2回目の方が広がってしまった)

途中で止まってしまうのはNGとのことなので注意!

坂道発進

排気ブレーキがオンになっていたようで、停止時に挙動がおかしくなってしまいました(左レバーを奥に倒して解除)

隘路

開始地点に停止する時にラインから車体が少し離れてしまいました(踏むのを恐れて寄せないと隘路進入がキツくなる)。

隘路停車時に何度も切り替えしてしまいました。

頭の中でシミュレーションはしてたけど外に膨れると修正が難しい(ハンドルを切るタイミングは遅くはなかったはずだから戻すのが早すぎたか?)

また、うっかり限界ラインを越えてしまったり、停車時にタイヤが曲がったままだったりという問題も発生しました。

隘路もコツを教えて頂けました。

まず、ハンドルを切るタイミングは室内のドアノブの辺りが奥のラインの延長線上に差し掛かった時。
この時一気にハンドルを回し切ります。
そのまま進み、後部座席のドアノブ(車体外側にあります。S字でも目印になりました)が両サイドのライン内側に収まるまでハンドルは戻しません。
車体が真っ直ぐに(ラインに対して並行に)収まりそうであればハンドルを戻していき停車します。

これで一発で成功させることができました。

内側のタイヤが外側のラインを踏むくらいでOKみたいです。

大型トラックの場合、内輪差は大体2.5メートルほど(ホイールベースの3分の1が目安)なので、ラインの間隔を考えたら後輪がちょうど内側のラインに収まりますね!

右左折時の大回り

脱輪させまいという意識が強過ぎるのか、右左折時に大回りになってしまいがちです。
交差点の右折途中にある三角マークをタイヤが踏んでしまうのも直さなければなりません。

車線の左に寄りがち

完全にクセですね、常に意識してないと寄ってしまいます。
今日も何度も注意されました……ミラーぶつけないようにとか。
左折時は左に寄っていると大回りになるので何とかしなければ。

元の場所に駐車して終了です。
補聴器を付けてるので大声になってしまうと伝えられましたが、大丈夫ですよと。
個々の動作に関しては問題ないと言って頂けましたが、全体の流れとしてはギクシャクしているとのことでした。

特に遅れもなく順調に?進んでるようで安心しました。

第6回も無事に終えることができました。

次回は室内で急ブレーキのシミュレーションを行うようです。

ただ、予約が年内全部埋まってるんですがそれは……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です