大型トラック技能教習3回目

エンジン掛かった瞬間「音声の録音を開始します」とアナウンスが入って一瞬戸惑いました(前回までもこうだったっけ?と)。

教官の人がなんか前回より優しい感じになってました。
休憩時に何かあったのか分かりませんが、お互い笑いながらの教習になって良かったです。

第3回もはじめは教官の運転をチェック。
ミラーで白線に対するタイヤやボディの位置と、ハンドルやシフトレバー、ブレーキ操作を細々と見ました。

時間が夕方だったので徐々にに暗くなり、構内に明かりが灯り始めました。
ハイビームOKか訊いたら必要ないとの返答でしたが、けっこう見にくかったですw

内容

加減速の復習
路端停車・発進の復習
交差点左折→右折侵入からの坂道発進(優先道路の確認も)
S字クランク(次回の課題だけど予習として)
前進→後退時の幅寄せ

上手くできた部分

加減速

加減速が不十分なので復習をしました。
今回は直線でしっかり5速まで使って50km/h近く出すことができました。
ブレーキも何回かに分けて踏むようにして感覚を掴めました。

坂道発進

トラックの坂道発進は難しいとの話をされましたが、エンストもなくすんなりクリアできました。

ただ、サイドブレーキの引きが甘く、少し下がってしまったから注意が必要。
アクセルを使わずに姿勢維持ができるのかを訊いてみたら、「やってみたら、壊れたら弁償だけど」と返ってきたので普通にやりましたw
回転数どのくらいが良いのか訊いたところ積載量によるとのこと。
自分が乗ってる車を訊かれて、乗せる人数によって回転数同じかと言われました(誰も乗せないとは言えなかった……w)。

路端停車・発進

今度は暗くてもちゃんと寄せることができました。
ただ、ポールの目印に対してもうちょっと前でも良いとのことでした。

上手くいかなかった部分

優先道路の認識

優先道路というものが分かっていませんでした。
まず、同じ道幅なら左の車が優先と知りました。
あとは、一方通行(1車線)に対して交差する道が2車線ある場合、向こうが優先ということ。
車線数は明らかですが、道幅に関しては感覚的な部分もあるので気を付けなければなりません。

S字クランク

何度か脱輪してしまいました。
ハンドルそのままで後退してからやや大回りでやり直しますが、また脱輪w
ハンドルを切り過ぎないことが大事みたいです。
最後クランクを抜け切って右折する直前にも脱輪しましたw(気を抜かないように)

後退での幅寄せ

左への幅寄せは上手くいったと思ったのですが、まだ空白が大きいとのことでした。
右側は途中で「このままいくとぶつかる」と分かったので中断しました。
(応用段階でやるから今は上手くできなくて良いらしいです)

カーブ

未だにカーブは慣れません。
途中までは白線(縁石)に沿って曲がれてるんですが、徐々に離れていってしまうようです。
原因はハンドルを戻すのが早いからとのこと。
あとは車線の左側に寄り過ぎですね。

暗くて見えない

暗くて見えなかったので左カーブで脱輪してしまいましたw
あまりに速度を緩めたので2速になってしまいましたし。
「全然見えないですね」とぼやいたら、「心の目で見る」との返答w
感覚的な部分が重要なのかも知れません。

2日目で技能教習の第2回~3回をクリアしました。
カーブがまだだけど、他は良くなってるから自信持つように言われたので少し安心しました。

2時間受けたからか、今日は帰りの車が初日以上に別物に感じられました。
「クラッチ重っ」「ブレーキとアクセルの位置ここで良いんだっけ?」「ハンドル軽っ」って感じでしたw

大型免許が混み合ってるので次回予約は金曜日になりました。
その後の空き状況が1月まで埋まってるんですが、どういうことなのか確認が必要そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です