大型トラック教習4回目

今日は大型免許の技能教習4回目と5回目の日でした。
9日ぶりでしたが意外にすぐ感覚は取り戻せました。

教官は今回も初めての方で、早速教習開始です。

まずはエンジンを掛けて、ブレーキとハザードのランプをチェックしてもらいました。
異常なしを確認して運転に入ります。
(ぶっちゃけ下痢気味で腹が痛かったのであまり集中できませんでしたw)

内容

周回慣らし
S字

周回

恒例の周回からスタートです。
右回り、左回りと周回を重ねて慣らしていきます。

二輪車(バイク)がコースを走っていたので、カーブ侵入時に隣車線の安全確認をするように言われました(できれば目視で)。

それから、走行位置が車線の左に寄って白線を踏むことがあるからミラーをぶつけないよう注意とのこと。

徐々に感を取り戻して、前回以上にスムーズに走れるようになりました。
カーブでも、後輪と縁石の間隔を一定に保ったまま曲がれるように(しかし大回りになってしまうことも)。

直線で40km/hくらいまでしか加速できなかったので、最終的に50km/h出せるようにならないとなりません。

S字

前回予習をしたS字です。

外側の前輪が脱輪しないように窓を開けてちょくちょく確認しました。
(ミラーでも見えると言われましたが最初は余裕がありませんでした)

一度目は、内側の後輪が脱輪しそうだったので、切り返すことに。
ハンドルそのままでいったんバックして、逆に少し切って再度進み直せばOKです。

S字クランクを抜ける最後、右左折時に内側の後輪が脱輪しないように注意します。

2回目以降はほぼ上手くいきました(前回の予習と、教官の人がハンドル操作のタイミングを教えてくれたおかげです)。

コツは3つほどあります。
1.左カーブ時なら、道の外側に右前輪を寄せて一定のハンドル角を保って進む
2.カーブが反転する箇所で早めにハンドルを戻す(車体の後ろが外側に膨れ過ぎないように)
3.右カーブ時も左に左前輪を寄せる(隙間は広い、ミラーだけは注意)

半クラは使用しても良いとのことでした(クラッチ繋いだままだとまだちょっと怖いです)。

クランク出口は一時停止じゃないので、止まらなくていいと知りました(坂道の出口もそうでした)。

上手くいった部分

S字の右カーブ(一度も脱輪、切り返しなしでした)
カーブ手前のシフトダウンをショックなくできるようになってきた(ハンクラを使って徐々に繋ぐのがポイント、アクセルは煽らなくてもいける)

上手くいかなかった部分

走行時、左に寄るクセがまだ直らない
カーブで大回りになってしまうことがあった
直線でスピードが出せなかった
S字走行時に速度が一定しない(ゆっくり通り抜けられれば良いとのこと)
上で挙げたもの全般、運転動作にややムラがある

路端停止場所のカーブ手前で駐車して第4回目は終了しました。
原簿は次の教官に渡してくれるとのことで次回に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です