プロゲートの『HTML&CSS』コースをクリアしたのでクラウドワークスの仕事を受けようとしたらハードル高過ぎた

プロゲートクラウドワークス

実はプログラミングの勉強をちょくちょくしているリョウです。

主にプロゲートという、東大生が作ったプログラミング学習サイトで勉強してるんですけど、先日一つの区切りを付けることができました。

手始めにプログラミング言語の中でもっとも基本的なの言語(言語と言っていいのだろうか?)である、「HTML&CSS」のレッスンを制覇しました!

ここで、前々から気になっていたことが一つあります。

HTML&CSSの”実践編”をクリアすると、プロゲートのサイト内にクラウドワークスの案件が掲載されるようになるとの情報。

今回は、プロゲートのHTML&CSSをマスターすれば、プログラマとして働けるのかというお話をしたいと思います。


プロゲートのHTML&CSS実践コースをクリアするとクラウドワークスから仕事がもらえる?

プロゲートの『HTML&CSS』コースの実践編をクリアしたら、確かにクラウドワークスの仕事が見られるようになりました。

プロゲートクラウドワークス

ただし! 募集を見てもどの仕事もできる気がしないという(苦笑)

というのも、そもそも必要スキルがHTMLとCSSだけで充分というものがないんですよね……。

あったとしても、募集人数に対して応募人数が多過ぎて、とても採用されそうにありません。
(倍率10倍とか普通です。中には100倍超も……)

現状、かなりスキルの高い人が求められているのが現実のようです。

まあそりゃそうですよね。
クライアント(依頼主)からしてみれば、ちょっと学習しただけの素人なんかに仕事は任せられませんもんね。

最低、「HTML&CSS」の他、「Javascript」、「jQuery」、「Java」、「PHP」、「Ruby」、「Python」、「SQL」などの言語を扱えるようになってからが出発地点だと痛感させられました。

プロゲートとオンラインプログラミングスクールを比較して

クラウドワークスの利用に際して、プロゲート側には以下のような注意書きがあります。

※ 本機能は、当サービス登録者の、仕事の受注および業務の遂行に関して、当社が支援や援助を行うものではありません。
※ 仕事への応募は、自己責任で行ってください。
※応募及び受注に伴ういかなるトラブル、あるいは損失、損害についても、当社は一切の責任を負いません。予めご了承ください。

つまり、学習を終えたらあとは自分で勝手にやれということですね(笑)

プロゲートクラウドワークス

このせいでプロゲートにはあまりいい印象は持てなくなりましたね。
というか、限界を感じました。

月額1000円程度じゃこんなものですよね?

サポートもないので、分からない部分があっても自力で解くしかありません。
(これはしょうがないですけど)

他にも学習サイトはありますが、どこも内容は似たり寄ったりな感じでしたねー。

やっぱり、実務で通用するスキルを得るには、オンラインスクールなどで本格的に学ぶ必要があるということが分かりました。

もちろん、実践で学ぶことも沢山あるでしょうし、スクールだけでは完璧とは言えません。
だからこそ、プログラミング学習サイトみたいに「後は自分で何とかしろ」と放り出されるのとは違い、就職の斡旋までサポートが至れり尽くせりなのが心強いですね。

僕のように遠回りしない為にも、今からプログラミングの勉強を始めるという方には、オンラインスクールがオススメです!

無料体験もありますし、是非利用されてみてはいかがでしょうか??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です