記事の文字数は多い方がSEO的に有利なのか?

mojisu

どうも、1日に5,000文字を書くのはかなり厳しいと思っているリョウです。

記事を作る時に気にするポイントの一つに、文字数がありますよね。
文字数はグーグルやヤフーの検索結果で上位表示される為に重要な要素です。

ちなみに検索で上位表示される為に対策をすることをSEO対策と呼びます。
※SEO(Search Engine Optimization)は、検索エンジン最適化という意味です。

ということで今回は記事を構成する要素の一つ、文字数の重要性と記事を書く上でのポイントに的を絞って見ていきたいと思います。


記事(ページ)の滞在時間が重要?

SEO対策では記事の質を高めることが重要になります。

記事の質を決めるのは、扱うテーマと内容の他、全体の構成、文章力、そして文字数です。

文字数すなわち情報量。

文字数が多ければ情報量が増えるので、記事の質は自ずと高まります。
(ここで大切なのは、中身のある文章であることです。闇雲に文字数を稼いでもかえってマイナスに働いてしまいます。)

記事の質が高ければ、しっかり読んでもらえて滞在時間が伸びるので、それだけ価値のある記事として検索エンジンからの評価も高まるというわけです。
※ちなみにグーグルのJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏によると、「検索順位の決定にGoogleアナリティクスは全く使っていない」とのことです。
であれば、滞在時間もチェックされてないことになりますね(本当のところは分かりませんが)。
アクセス解析の滞在時間は、あくまで自分の書いた記事がどれだけ見られているかを判断する指標として見るのに使いましょう。

最低2,000文字は必要?

とあるキーワードで、グーグルやヤフーで検索を掛けてみると、上位に表示されたページの文字数は以下の通りでした。

1位:3,700文字
2位:18,000文字
3位:2,100文字
4位:4,200文字
5位:1,800文字
6位:4,900文字
7位:4,600文字
8位:1,100文字
9位:2,200文字
10位:1,700文字

5位、8位、10位は2,000文字を切っていますが、いずれもそのジャンルに特化したサイトでした。
同カテゴリのコンテンツ(記事)が多いほど、全体が底上げされます。

この結果から分かることはいくつかあります。

  • 必ずしも2,000文字は必要ない
  • 特化型サイトでなら文字数が少なめでも上位表示される場合がある
  • 4,000~5,000文字程度あると尚良い

また、検索ワードによっても必要な文字数は違います。

重要なのは、そのページにどれだけ有用な情報があるか、他より秀でているかです。

長くても読む人は限られる

ページを開いた時にあまりに文章のボリュームがあると、読む気が失せてすぐに閉じてしまうことってありますよね。
右側のスクロールバーが小さくなっているとゲンナリしてしまいますw

そうならない為には短過ぎず長過ぎずの、適度な文字数にすることが必要です。

読みやすさが鍵

長文な上に読みづらい文章は最悪です。

誤字脱字や不自然な言い回しは極力ないようにしましょう。

記事の下書きに「ワード」などの文章作成ソフトを使うと、自動で誤字脱字のチェックをしてくれます。
おまけに文字数カウント機能も付いているので、できるだけ一つで済ませたいという方には専用ソフトはオススメです。

ネット上でそこにしかない情報であれば、いくら読みにくくてもみんな頑張って読むと思います(10年とか20年くらい前はそんな感じでしたね)。
しかし今は情報社会、同じような情報はネット上にたくさん存在しています。

だからこそ、いかに読みたいと思わせる文章にするかが大事になってきます。

それについては、次のポイントで見ていきましょう。

見やすいデザインが大切

長くても読んでもらうには、文章自体の読みやすさ以外にデザイン面に注意しなければなりません。
いくつかポイントがあるのでそれぞれ説明していきますね。

適切な改行

句読点を無視して延々と文を繋げないことです。

基本的に「。(句点)」で改行すると読みやすくすることができます。
「、(読点)」での改行は、画面の解像度によっては見づらくなってしまうので避けるようにしましょう。

強調を付ける

重要な部分や特に読ませたい部分を太字にしたり、色を変えたりすると文章にメリハリが付いて読みやすくなります。
マーカーを引くのも効果的な手法です。

画像を挟む

文字だけでは限界があるものです。

そこで、画像を織り交ぜて読者のイメージを喚起させてあげることも有効です。
ネットの記事に限らず、読みやすい本には表やグラフ、挿絵が付きものです。

サイトの外観

サイト全体の外観も大切です。
古臭いデザインだと情報も古いように感じてしまいますよね。
流行に沿った見た目にすると、情報に鮮度があるように見せることが可能です。

結論

結論としては、有用な情報であれば文字数は多ければ多いほど良いということです。
(無駄に文字数を増やして文章を長くするのは効果があるどころか、マイナスになるのでやめましょう。)

検索エンジンの評価システムの真実は不明です。
となれば、現実に上位表示されているサイトに倣うのがベストでしょう。

文字数の目安は検索ワードによりますが、大体2,000~4,000文字ほどです。

ちなみにこの記事の文字数が大体1,700文字くらいです。
(後に更新して2,500文字に増えました)

前回の記事が長くて疲れたので、今回1,000文字以内に収めようと思ってたのにこの有様ですw
やっぱり役に立つ情報を発信しようとしたら熱が入ってしまいますね。

意識するべきなのは、記事のテーマと読者にマッチしているかという部分です。
サーチコンソールやアナリティクスといったアクセス解析で、流入経路、滞在時間などをチェックして、ときには編集・再構築することも必要です。

さらに、そのサイト特有の付加価値を設けることが非常に大切な時代にになってきています。
それは記事を書いた人物の個性だったりする部分です。
その人にしかない魅力があれば、きっと読んでくれる人はいるはずです。

ここまで読んでいただきありがとうございましたm(__)m

それではまた別の記事で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です