視力を回復して読書や運動、ゲームの作業効率をアップ!

この前検査をしたら視力が1を切っていたリョウです。

みなさんはパソコンやスマートフォンのし過ぎで目を悪くしていませんか?
視力が下がると、文字が読み取りづらくなりますし、外に出ても景色がぼやけたりと良いことがありませんよね。

そこで今回は、視力が低下する原因と、視力を回復する方法(動画)をご紹介したいと思います。

視力低下の原因

物がよく見えないのは、焦点が上手く合っていないからです。
焦点を合わせる目の部位は主に2箇所あります。

毛様体

人は物を見る時に、対象物が発する(反射された)光を、目から取り込むことで認識します。

その際、光は目の中にある水晶体という部分を通過します。
ただそれでけでは、どこを見るでもなく、視界全体がボーッと写る状態です。

ある特定の距離を見る場合、水晶体の厚みを変化させることで、光の屈折角を変えてピントの調節を行います。

水晶体を厚くしたり薄くするのは、毛様体の働きです。

その毛様体を動かす、”毛様体筋”という筋肉が凝り固まっていると、焦点が合わずにボヤけて見えてしまいます。

外眼筋

また、外眼筋と呼ばれる筋肉もピントの調節に携わっています。

外眼筋は、眼球を上下左右に動かす筋肉で、片目に6本付いています。

あまり知られていませんが、実は眼球の回転だけではなく、伸縮運動もこの外眼筋が担っているんです。

眼球の前後幅を調節することで、毛様体のピント調節機能を補助する性質があります。

原理がわかったところで、続いては視力に関係する筋肉をほぐしていきましょう。

視力を回復する方法

視力を回復するには、様々な手段があります。
レーシック手術が有名ですが高いですし失明などのリスクもあるので、まずは手軽にできるものから試してみるのが良いと思います。

視力回復に役立つ動画

視力回復に有効な動画は数多く出回っています。
その中でも楽しく取り組めそうなものを厳選してみました。

1.3分間で視力回復トレーニング【見るだけで眼筋トレーニング、視力が0.01に近い人は是非やってみて!】

暗闇の中を緑色の円が縦横無尽に飛び跳ねるのを目で追いかける動画です。
眼球を激しく回転させるので、外眼筋のほぐすのに非常に効果的です。

2.めちゃくちゃ視力があがるという噂の毛様体筋の解し

平行法で黒い丸が3つに見えるようにした状態で行います。
こちらの動画は、毛様体筋をほぐすのに特に有効です。


いかがでしたでしょうか?
今回紹介したトレーニングによってピントを調節する筋肉がほぐれれば、視力回復が期待できます。

勉強や読書に限らず、スポーツや運転、ゲームをする時にも違いが出てきますよ!

「なんか目が追いつかないな」と感じたら実践してパフォーマンスアップを狙いましょう^^

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です