サイトマップの作成方法

遅ればせながらサイトマップのページを作りました。
いちおう、どのような経緯・手順で作成したのか、サイトマップの必要性などを記録しておこうと思います。

サイトマップとは?

サイトマップとは、ウェブサイト上に存在するページをリスト化してまとめたものです。
つまり、サイト上のどこに何があるのかを分かりやすく視覚化したものがサイトマップです。

僕自身気になったサイトを見つけたら、まずはサイトマップを見て全体像を把握するということをしています。
なので、サイトマップがないと非常に残念な気分になるんですね。
で、「そう言えば自分のサイトにサイトマップ作ってなかった」と思い出して、今回作成に至ったわけです。

サイトマップの種類

サイトマップには2種類が存在します。

HTMLサイトマップ

実物をお見せした方が早いと思うのでリンクを貼っておきます。
こんな感じです。
前述したとおり、サイトのページがリスト化されていて、記事が探しやすくなっています。
主にサイトを見る人に向けたものがHTMLサイトマップですね。

XMLサイトマップ

GoogleやYahooなどの検索エンジンに向けたのがXMLサイトマップです。
ウェブサイトには、クローラー(Crawler)とか検索ロボットと呼ばれる自動プログラムが巡回しに来ます。
その時にサイトの情報を収集しやすくしてあげるのが、サイトマップの役割です。
この収集によって、ページが検索エンジンのインデックスに加えられ、検索結果に表示されるようになるわけです。

XMLサイトマップはサーチコンソールに登録する

自分のウェブサイトが、グーグル検索でどのように表示されているか(順位、インデックス状態など)を知ることができるのがサーチコンソール(Google Search Console)です。
サイト自体の登録と一緒に、XMLサイトマップも登録するようにしましょう。
これによりクローラーの巡回速度が高くなるので、検索結果に反映されやすくなります。

サイトマップ作成の手順

HTMLサイトマップ

ワードプレス
ワードプレスでは「PS Auto Sitemap」というプラグインを使用すると簡単です。

前準備
固定ページ→新規追加で、固定ページを作成します。
タイトルは「サイトマップ」で良いでしょう。
テキストモードで「<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>」というコードを記入したらページを更新で準備は終わりです。
このコードは、「PS Auto Sitemap」設定ページの下の方にも記載されています。

1.プラグイン「PS Auto Sitemap」をインストールして有効化します。
2. 設定→PS Auto Sitemapから、設定画面を開きます。
3.サイトマップを表示する記事に、ページのID(準備で作成したページのURL「post=」のあとの数字)を記入して変更を保存をクリックします。
※見せたくないページやカテゴリがあれば除外欄に追加します。

あとは、固定ページをサイト上で表示すればサイトマップ作成は完了です。

その他
手動
http://www.w-frontier.com/software/ezhtml.html

XMLサイトマップ

ワードプレス
HTMLサイトマップと同様、プラグインが便利です。
「Google XML Sitemaps」を使用します。

1.プラグイン「Google XML Sitemaps」をインストールして有効化します。
2.記事を更新すればXMLサイトマップが自動で作成されます。

続いて「Google Search Console」に登録しておきましょう。
1.サーチコンソールのホームから対象のウェブサイトを選択します。
2.左メニューのクロール→サイトマップを開きます。
3.サイトマップの追加/テストをクリックし、既に表示されているURLの後に「sitemap.xml」と入力して送信します。

以上でXMLサイトマップの作成と登録は完了です。

 

いずれにしてもサイトのコンテンツが重要です。
サイトを立ち上げてすぐにサイトマップを作成・登録しても良いですが、それよりもまずは記事の作成を優先しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です