ワードプレスで目次を作る方法

mojisu

はじめての本を読む時は、目次の見出し間のページ数が気になるリョウです。

みなさんおなじみの目次。
一定以上のボリュームがある文章では必ず設けられていますよね。

ところがブログなどの個人サイトとなると、目次を使っている人はあまり多くはないのではないでしょうか?

目次は、検索で上位表示されるために重要な要素です。

ここでは、具体的な目次のメリットと導入方法を見ていってみましょう。

目次の重要性

「ブログで目次が必要なのか?」と思われる方もいるかも知れませんね。

今やSEO対策では必須とも言えるのが目次です。

目次を導入していないサイトはかなりの損をしていると言えるでしょう。

目次とは記事の各見出しをリンク化するものです。

目的の箇所を見つけやすくするだけではなく、クリックすればジャンプもできます。

何より最大の強みが、見出しが検索エンジン上にインデックスされるということです。

たとえばこの記事の「目次の重要性」という見出し。

この部分が、「目次 重要性」という検索ワードでヒットするようになります。

試しに今「目次 重要性」でググってみました。

すると、検索順位2位以降のサイトは記事タイトルのみがヒットしたのに対して、1位のサイトは見出し部分もヒットしています。

記事タイトルを見ると、1位のサイトは検索ワードと完全一致はしていませんが、下位のサイトはドンピシャです。

にも関わらず1位になっている理由は、目次の力によるものなんです。

目次の作成と同時に生成された見出しのリンクが、記事タイトルと同等の力を発揮しているということです

よく見るとヒットした記事タイトルの下に、「目次と見出しの重要性について に移動」と表記されていますよね。

テキストのみではこうはならず、リンクになっているからこれほどの効力を持つんです。

もう目次を利用しない手はないですよね?

次は目次を導入する方法に進みましょう。

「Table of Contents Plus」で目次作成

「Table of Contents Plus」は、ワードプレスにインストールすると目次を自動生成してくれるプラグインです。

「TOC+」という略称で呼ばれることが多いようですね。

インストールしたらプラグイン一覧から「有効化」をしますが、忘れずに「設定」も行うようにしましょう。

画像のように、目次を挿入する位置や、表示条件、表示形式など細かい設定ができます。

外観の変更もできるようになってます。

ちなみに僕の場合、基本デフォルトですが表示条件を、”2つ以上見出しがあるとき”に変えています。


目次は記事の名前に匹敵するくらい大事なものなので、上手く使えばSEO的に断然有利になりますよ。

まだ目次を作ってないなんて人がいたら、今すぐにで作成した方が良いと思います。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です